ハチによる被害

積まれた丸太

最近は、以前と比べてスズメバチが街中で巣を作るようになったと言われています。オオスズメバチ、キイロスズメバチなどは、基本的に森などに巣を作るハチで、昔は民家に巣を作る場合でも森からそれほど離れていない家に作っていました。しかし、現在は森から距離のある住宅地でも巣を作っています。 今後も、そうした傾向は続くでしょう。利用としては、やはり、開発が進んでいることが挙げられます。住宅地が広がり、森が狭くなったことで、キイロスズメバチなどのハチと人間の居城区域がかぶったというわけです。 なので、キイロスズメバチの駆除依頼も、今後、増加していくでしょう。また、子供や高齢者がハチに刺されてしまう被害も増えるでしょう。

では、家の軒下などにキイロスズメバチの巣を作られてしまった場合は、どんなことに注意すればいいのでしょうか。 まず、基本的には不用意に近づかないことです。ハチの仲間でもアシナガバチの場合は、ハチと直接触れるようなことがなければ、向こうが襲いかかってくるということはありませんが、キイロスズメバチの場合は、人間が巣に近づいただけでも攻撃をしてきます。巣の周りを飛んでいるのが数匹であっても、巣の中にはもっといるので、自分で駆除しようなどとは考えずに、専門業者を呼んで駆除してもらうようにしましょう。 もし、駆除する前に刺されてしまった場合は、刺されてしまった場所を水で洗い、指でつまんで毒を出すようにしましょう。この際、口で毒を吸い出すのは危険です。というのは、口の中に傷がある場合、そこから毒が入ってしまう場合があるからです。